現在見積もり中のアイテムを表示できます。

不明な点はお気軽にお問合せ下さい!


商品に関するご質問・
お見積り・サンプル請求
こちらからどうぞ!

塗装の種類について

投稿日:

塗装の種類について

ウッドデッキを塗装する塗料は、浸透性と塗膜性、油性と水性など、いくつかの種類があります。
他ページの「ウッドデッキを塗装する方法」で、塗料の種類について少し触れましたが、ここではもう少し掘り下げて紹介していきたいと思います。

浸透性と塗膜性

ウッドデッキなどの木材を塗装する塗料には、「浸透性」と「塗膜」の2種類あります。

浸透性の塗料は、木材に塗料を染みこませることで着色します。はけやローラーを使って何度も重ね塗りするため、初心者でも色むらなくキレイに塗ることができます。
浸透性は、木材に塗料が染みこんでいるため、塗装が剥がれてしまうことはありませんが、キレイな状態を保つためには、定期的に塗り直す必要があります。
塗料には防腐、防虫成分が含まれているものもあり、ソフトウッドなどの柔らかく耐久性が低い木材をサポートする効果があります。

塗膜性の塗料は、木材の表面に膜を作ることで水を弾く効果のある塗料です。表面に膜を作ることから、木材の内部の腐食を防ぐと言われています。
経年劣化により塗装が剥がれてしまった場合は、定期的に塗り直すようにしましょう。

油性塗料と水性塗料の特徴もチェック

浸透性には「油性塗料」と「水性塗料」があります。

油性塗料は、浸透性と耐久性に優れているため、その効果を期待して使用する人が多いようです。ただ、石油系のニオイが強い場合があり、苦手な人もいるかもしれませんが、油性塗料の中でも「弱溶剤」タイプというものがあり、これは、溶剤タイプの環境に良いとは言えない、臭気が気になるというデメリットを無くしたもので、溶剤と比べるとニオイも少なく環境に優しい塗料となっています。

一方、水性塗料は水で薄められて、はけやローラーも水で洗うことができるので手軽に安心して塗装することができます。
水性といっても乾いた後は耐水性になりますので、ウッドデッキのような屋外で使う木材にも使用可能です。
ニオイも強くなく、簡単に塗装ができる反面、油性に比べると耐久性が劣ってしまうという難点もあります。

塗装をする際は、必ず火気のない場所で行うようにしてください。
特に、油性塗料は、ペイント用の薄め液を使う必要があり、はけやローラーの汚れが強い場合はシンナーなどを使う場合があります。
薄め液やシンナーなどはニオイが強いので、マスクをしたり、通気性の良いところで作業をするようにしましょう。

ウッドデッキの木材に塗装できる塗料は、いくつかの種類があります。
ハードウッドは塗装をされなくても十分耐久性はありますが、メンテナンスを行なうことでいっそう長持ちをさせることができます。