現在見積もり中のアイテムを表示できます。

不明な点はお気軽にお問合せ下さい!


商品に関するご質問・
お見積り・サンプル請求
こちらからどうぞ!

ウッドデッキを塗装する方法

投稿日:

ウッドデッキを塗装する方法

ウッドデッキを好みの色にしたり、耐久性をさらに高めるために、塗装する方法があります。塗装には、少し手間が掛かかりますが、それほど難しい作業ではありません。
今回はウッドデッキを塗装する方法をご紹介します。

塗料と道具を揃えよう!

ウッドデッキを塗装する際は、ウッドデッキ用やエクステリア用の塗料を使うことをおすすめします。 塗料には、浸透性と塗膜性の2種類の塗料があります。
浸透性の塗料は、木材に染みこんで着色するため、防腐、防虫効果が高いタイプです。ソフトウッドや耐久性の低い木材で、ウッドデッキを作った場合は、浸透性の塗料を使うのがよいでしょう。

一方、塗膜系の塗料は、木の表面に膜を張り、水を弾いて腐食を防止する塗料です。これは木材に染みこまないため、頻繁に塗り直す必要があります。そのため、初心者には向かないと言えます。

そして、浸透性の塗料は、「水性塗料」と「油性塗料」の2種類に分かれます。浸透性の高さと耐久性の高さに違いがあり、油性塗料の方が、浸透性と耐久性が高いのが特徴です。ただ、塗装時の臭いが強いなどのデメリットもあります。
水性塗料の場合は、油性塗料に比べて浸透性や耐久性は劣りますが、塗料を薄める場合や、ハケを洗う場合に水が使用できるという手軽さがあります。

塗装するためには、塗料缶から塗料を移す塗料カップ、はけやローラーが必要です。どれもホームセンターで、比較的安く購入することができます。塗料カップは、基本使い捨てで使用します。他にも、洗浄もしくは、塗料を薄めるために薄め液を用意しておくと便利です。

塗料の塗り方

ウッドデッキを塗装する際は、まず初めに、土、砂、石を除去します。そのあとに、ウッドデッキの表面を軽くやすり掛けして馴らしておきます。
また、やすりがけでは取れない表面の汚れを、ぞうきんやウエスで拭き取ってもよいでしょう。

塗料は、はけに付けて薄く、数回に分けて繰り返して塗っていきます。
間違っても一気に塗ろうしないでください。色にむらができてしまう他、木に塗料がうまく浸透しないため、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。
塗料は必ず2回以上に分けて塗るように心がけてください。
塗料を塗るタイミングは、ウッドデッキを組み立てる前でも、後でも特に問題はありません。

塗装が剥げてきたら再塗装を!

ウッドデッキの塗装を定期的に塗り直すことで、ウッドデッキの寿命を延ばすことができます。
目安としては1年に1度くらいの間隔で塗装すると、経年劣化によって出来てしまった色むらや、水が浸透して起こる腐食を防ぐことができます。
再塗装する際も、軽くやすり掛けをして、表面を整えます。また、木材内部に染みこんだ汚れなどは高圧洗浄機を使って落とすと、塗料ののりがよくなります。
ただし、水圧が強いために木そのものを傷つけてしまう恐れがあるので、使用する際には十分に注意が必要です。

ウッドデッキの塗装は、難しい作業ではないので、メンテナンスは家族みんなでイベントとして行うという楽しみ方はいかがでしょうか。